屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

施工事例

神奈川県立歴史博物館

  • 種別 シート防水
  • 下地 コンクリート下地(RC/PC/PCaなど)

重要文化財として指定される明治期の洋風建築。 外観の意匠性を維持した防水改修が高評価。

解説

神奈川県立歴史博物館は、明治37年に完成した洋風建築の代表格です。重要文化財として指定されるほど有名な歴史的建造物として知られています。その防水改修においてリベットルーフが採用されました。鉄板葺きの笠木など、外観上の優れた意匠性を損なわないように、部分的にウレタン系塗膜防水を用いるなど工夫された納まりとなっています。
(現場レポート31号に掲載)

事例詳細

件名 神奈川県立歴史博物館
構造 【旧館】石造  【新館】SRC造
施主 神奈川県住宅営繕事務所
施工 株式会社アオヤマ
販売代理店 野口興産株式会社 南関東支店
建物の種類 官公庁舎・公共施設
下地 コンクリート下地(RC/PC/PCaなど)
所在地 神奈川県 横浜市
仕様・規模 アンカー固定断熱工法
MIH-SGM15S:2,443m2
設計・監理 有限会社建築設備設計 纏企画
施工時期 H28.12〜H29.3
新築/改修 改修
断熱工法 外断熱工法
シート固定方法 アンカー固定

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ