屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

施工事例

神奈川県庁 新庁舎

  • 種別 シート防水
  • 下地 コンクリート下地(RC/PC/PCaなど)

日本を代表する建築家、坂倉準三氏の設計した神奈川県庁「新庁舎」 施工条件やニーズに応じた細かな仕様の使い分け。

解説

昭和41年に完成した、神奈川県庁「新庁舎」。坂倉準三氏の設計によるもので、百尺規制(約30m)という建築基準法の高さ制限が改正され、いち早く建設された歴史的高層建築物です。その防水改修工事でリベットルーフ防水システムが採用されました。施工条件やニーズに応じて細かく異なる仕様が採用されています。
(現場レポート31号に掲載)

事例詳細

件名 神奈川県庁 新庁舎
構造 RC造
施主 神奈川県
施工 大成・京急・大洋特定建設工事共同企業体
建物の種類 官公庁舎・公共施設
下地 コンクリート下地(RC/PC/PCaなど)
仕様・規模 【西側屋上】
アンカー固定断熱工法 
MIH-SW15S:815m2
【東側屋上】
アンカー固定断熱工法
MIH-SW15SV:443m2
【西側13階、東側12階】
アンカー固定工法
MIH-SGM15+コリドール
:684m2
【西側屋上大庇・東側屋上
大庇・各階バルコニー】
アンカー固定工法
MIH-SGM15:1,711m2
【塔屋】
アクシスコート(AX1J):337m2
【各階バルコニー(立上り部)
・1階外構】
アクシスコート(AX2):835m2
設計・監理 新庁舎免震改修工事等設計業務委託設計共同企業体
施工時期 H28.3〜H29.10
新築/改修 改修
断熱工法 外断熱工法
防水施工 高山工業株式会社
シート固定方法 アンカー固定

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ