屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

施工事例

大日本住友製薬株式会社 新CPC建設プロジェクト屋上防水工事

  • 種別 シート防水
  • 下地 金属下地(折板/耐火デッキプレート/瓦棒屋根など)

LCS工法でチューブワッシャー仕様を採用。その狙いとは何か。

解説

従来のLCS工法では、躯体に対してアンカーだけを用いてIHディスクを固定する仕様でした。チューブワッシャー仕様とすることで、ビスにかかる水平方向への荷重負担を最大30%軽減し、断熱材を踏み込んだときのビスの飛び出しも抑制します。
(現場レポート31号に掲載)

事例詳細

件名 大日本住友製薬株式会社 新CPC建設プロジェクト屋上防水工事
構造 S造
施主 大日本住友製薬株式会社
施工 株式会社竹中工務店
建物の種類 研究所・工場
下地 金属下地(折板/耐火デッキプレート/瓦棒屋根など)
所在地 大阪府 吹田市
仕様・規模 LCSアンカー固定断熱工法
MIHFD-SW15NU:1,000m2
設計・監理 株式会社竹中工務店
施工時期 H29.8〜H29.9
新築/改修 新築
断熱工法 外断熱工法
防水施工 株式会社ベルテック
シート固定方法 アンカー固定

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ