屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

施工事例

河南町役場庁舎太陽光発電設備設置工事

  • 種別 シート防水 / 太陽光
  • 下地 ALC下地

リベットルーフ+「エネブリッド制振システム」でALCパネル下地への太陽光モジュール設置を実現

解説

ALCパネル下地の場合、パネルの目地が存在することでモジュール基礎の設置に配慮が必要になります。また、乾式工法では基礎の固定力をどのように確保するか、長期間の設置をする上で基礎を固定するビスに掛かる負担をいかに減少させるかなどが課題となります。
本事例では、エネブリッド制振システムを導入することで、これらの課題をクリアしALCパネル下地への太陽光モジュール設置を実現しました。
(現場レポート30号に掲載)

使用製品

事例詳細

件名 河南町役場庁舎太陽光発電設備設置工事
構造 ALC造
施主 河南町役場
施工 オオヤ電機株式会社
電気工事 オオヤ電機株式会社
建物の種類 官公庁舎・公共施設
下地 ALC下地
所在地 大阪府 南河内郡河南町
仕様・規模 アンカー固定工法
MIH-SW15 約470m2
EBディスク仕様
1段5°勾配
設置ワット数:14.4kW(パナソニック製)
設計・監理 株式会社匠設計
施工時期 2015年8月〜2016年1月
新築/改修 改修
断熱工法 非断熱工法
防水施工 株式会社ベルテック
シート固定方法 アンカー固定

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ